医療保険の概要
 
 日本の公的医療保険制度は、健康保険に加入する被保険者が医療の必要な状態になったとき医療費を保険者が一部負担する制度をいいます。
日本国内に住所がある国民及び、1年以上の在留資格がある外国人は、一部生活保護受給者等を除き、健康保険に加入するように定められています。
 日本で最初の健康保険制度は、1922年(大正11年)に初めて制定され、1927年(昭和2年)に施行され、国民皆保険が1961年(昭和36年)に達成されました。